子連れ旅行

【子連れ旅行】日帰りで直島へ!美術館に入れる?授乳室やベビーカーは?

  • 赤ちゃん連れ・子連れで直島旅行は可能?交通手段は何が良い?
  • 赤ちゃん連れの場合は、ベビーカーで回れる?授乳室はある?
  • 直島といえば芸術や美術館。生後何ヶ月から楽しめる?赤ちゃんや子供は断られない雰囲気?

実は、この記事で子連れ直島旅行に関するお悩みを全て解決できます!

まめもち
まめもち
生後7ヶ月の子供と一緒に直島旅行に行きましたが、とても楽しめたよ

この記事は、赤ちゃん連れ・子連れで直島旅行を最大限に楽しむポイントをまとめています。

直島子連れ旅行まとめ
  • 直島は赤ちゃん・子連れでも楽しめる
  • 移動手段は車が◎(効率よく回れて授乳も可能)
  • フェリーには授乳室・オムツ台完備
  • 美術館は基本的に授乳室は無いが、赤ちゃんも入場可
  • 美術館内は完全にバリアフリーではなく、段差や靴を脱ぐ場所がある

\赤ちゃん連れ旅行に必須なアイテム/

" "

直島子連れ旅行、当日のスケジュール

直島フェリー

まずは、赤ちゃん連れ・子連れで直島旅行で理想的なスケジュールをご紹介します。

当日のスケジュール
時刻場所備考欄
    8:12          

 

9:02

 
      高松港発             

 

宮浦港着

・大人片道 520円
(往復割引 990円)

自動車(ドライバーの運賃込み・同乗者がいる場合は別途旅客運賃が必要)
値段は全長により変動

片道 4,320円(コンパクトカー目安)
片道 5,400円(ミニバン目安)
※チケット購入の際は車検証が必要
9:15海の家つつじ荘駐車場・駐車料金無料
9:30ベネッセハウスミュージアム・駐車場から徒歩20分程で到着
・大人1名 入館料1,030円
11:00車内で授乳・ベネッセハウス ミュージアム内には授乳室無し
・車内で授乳
11:30本村駐車場

 →本村地区内で昼食

・駐車料金無料
昼食
*和カフェぐう(名物のりのり丼)
*直島カフェコンニチハ (名物シーフードカレー)
*カフェレストランガーデン ( 名物ピザ・カレー)
13:00安藤ミュージアム ・大人1名 入館料510円
 宮浦港散策 宮浦港駐車場200円
*赤かぼちゃ
*パヴィリオン
*海の駅なおしま→お土産
14:30車内で授乳 
15:00地中美術館・入館には事前予約が必要(空きがあれば当日予約も可能)
・大人1名 2,060円
・抱っこ紐貸し出しあり
17:00

 

18:00

宮浦港発

 

高松港着

 
まめもち
まめもち
赤ちゃん連れでもこのスケジュール通りで回れたよ

子連れで直島旅行、交通手段は?

フェリー内多目的室

直島へ行くためには、高松市もしくは岡山市からフェリーに乗ります。

島内では30~1時間スパンと頻繁にバスも出ていましたが、乳児を連れて行く場合は、車で回ることをお勧めします。

まめもち
まめもち
【アートの島】のため、基本的には授乳室が無いから&効率良く回れるよ

美術館内には、広めのお手洗い・多目的室・おむつ交換台は完備されているものの、授乳室は基本的に無いと思った方が良いです。

まずは開館時間が早い、ベネッセハウスミュージアムへ

ベネッセハウスミュージアム屋外作品
まめもち
まめもち
小一時間あればさくっと見られる、コンパクトな美術館です!

ベネッセハウスミュージアムまでベビーカーを押して、作品やお土産屋さんも見ながら歩くと30分弱かかりました!

まめもち
まめもち
子供の泣き声や大声を気にせずに、沢山の素敵な屋外作品楽しめるので、つつじ荘からバスも出ていますが、ここは是非お散歩してください!

後ろに見えるのが、ベネッセハウスミュージアムのお土産屋さんです。

ベネッセハウスミュージアム屋外作品

こちらはお土産屋さんの入り口のモニュメントです。

お土産屋さん付近にいくつかまとまってモニュメントがあります。

ベネッセハウスミュージアム屋外作品

有名な草間彌生さんのかぼちゃもこちらにあります。

草間彌生かぼちゃ

屋外作品の詳細を知りたい方は、ベネッセアートサイト直島のPDFをご覧ください。

ベビーカーで行き、8割スロープで回れましたが、一部階段の作品があります。

大人が2人居れば、ベビーカーで来館しても全ての作品を楽に見られます。

子連れに優しい【直島カフェコンニチハ】でランチ

直島カフェコンニチハ

古民家を改築したカフェなので、玄関は余りスペースが無く、外にベビーカーを置きました。

まめもち
まめもち
ローソファーの席が空いていて、息子が転がれてありがたかった!

安藤ミュージアムは子連れで入りにくい

安藤忠雄美術館

本村地区にある安藤ミュージアムは、直島における安藤忠雄さんの建築物が主に説明・展示されています。

入口までも砂利道だったり、中は段差や階段がある上狭いので、ベビーカーで回るには向いていません。

入口のチケット購入場所にベンチがあるので、そこで交替で待っているか、抱っこ紐が良いです。

地中美術館は子連れでは少し気を遣う厳かな雰囲気

地中美術館
まめもち
まめもち
地中美術館は、ベビーカー利用禁止です。

靴を脱いだり、段差を上り下りする作品があるため、ベビーカー利用不可です。

その代わり、入口で抱っこ紐貸し出しも行っています。

館内撮影禁止のため写真はありませんが、こちらも同様に授乳室はありませんが、オムツ交換台はあります。

子供が泣き叫んだ場合は、カフェとストアに物販を買わなくても使える少し広めのスペースがあり、こちらを利用しても良いとのお言葉も頂きました!

入館料が2千円超えとお値段は張りますが、モネやウォルター・デ・マリアの作品は圧巻なので、是非立ち寄りたい美術館です。

【まとめ】赤ちゃん連れ・子連れでも、思う存分直島を堪能出来る

直島子連れ旅行まとめ
まめもち
まめもち
海に囲まれて、外国に来たような非日常感が味わえる直島は、赤ちゃん連れ・子連れ旅行にぴったりです!

一日中島を観光すると歩き回る距離が意外と長くなるので、出来る限りベビーカーを使えるところは使うことがポイントです。

直島子連れ旅行まとめ
  • 直島は赤ちゃん・子連れでも楽しめる
  • 移動手段は車が◎(効率よく回れて授乳も可能)
  • フェリーには授乳室・オムツ台完備
  • 美術館は基本的に授乳室は無いが、赤ちゃんも入場可
  • 美術館内は完全にバリアフリーではなく、段差や靴を脱ぐ場所がある
まめもち
まめもち
赤ちゃんと旅行に行く時は、持ち物も確認してくださいね!

\赤ちゃん連れ旅行のチェックリストあり/

旅の思い出は写真アプリALBUSで残そう!

桜
まめもち
まめもち
旅行や普段の写真って、皆さんどうされていますか?

当初別のアプリをを使っていましたが、余り画質が良くないことと、結局は冊数が増えてしまい、結局2冊で止まっていました。

最近Instagramで話題のALBUSでまとめるのがおすすめです!

おすすめポイント
  1. 毎月8枚無料でもらえる(送料は別途200円+消費税)
  2. 無料なのに銀塩写真の写真屋さんのクオリティ
  3. ま四角の正方形プリントが可愛い&おしゃれ
  4. 専用アルバムはビスタイプで、台紙を増やせる(本体:2400円+税)
  5. 当月以前分は1枚20円+税で印刷も可能
  6. 毎月通知が来るから忘れずに注文できる
  7. 3分程度で注文完了出来る手軽さ
まめもち
まめもち
アルバムを作ろう!と思っても、以外と写真を取り込んでパソコンを立ち上げて…と手間がかかるんですよね。

仕舞にはパソコンの容量が足りなくなったり、編集ソフトがフリーズしたり…。

私も1年の写真をまとめるのに、1ヶ月かかっていました。

まめもち
まめもち
ALBUSなら大変なのは毎月厳選して選ぶだけ!しかもお値段も安い!!

私も息子が産まれた時から注文すれば良かったです…。

送料だけで気軽に注文出来るので、是非お試しください!

ABOUT ME
まめもち◎転妻×ワーママ
転妻×ワーママ=時短・便利グッズ愛用者。調べつくして便利だと思ったら、即買いします。買い物かごは常に70件超え(選定中)。育児に関する【もっと早く知りたかった】ことについて、本音レビューを信念に記事を書いています。
" "