子供用トランポリンは買ったら後悔する?メリデメを踏まえレビュー。

子供用トランポリン後悔しない

この記事では、トランポリンは買ったら後悔するか、実際に3年以上使っている目線で、詳細にレビューします。

  • 外出自粛で時間を持て余す
  • 子供の長期休み、家で一日中は無理
  • 運動も出来る良い案は無い?
  • トランポリンは便利?邪魔?
  • 気になるけど後悔はしたくない

お家時間が長い今だからこそ、室内で子供が楽しく遊べて、運動までできる…何か良い案が欲しくなりますよね。

まめもち
そんな願いを叶えるのが、子供用トランポリン!

この記事では、トランポリンを購入する際に気を付けたポイント、実際に使ってみたレビューを、お伝えします。

メリットだけじゃなくて、デメリットまできちんと本音で書きました。

[cat_box01 title=”トランポリンは買って後悔?まとめ”]

  • 子供用トランポリンはヘビロテ
  • 買って後悔はしない
  • 選ぶ基準は大人兼用・バネ式
  • ジョイントマット必須
  • 折り畳み可否はマストではない
  • 飛ぶ以外の遊び方もできる
  • 親子コミュニケーションツールにも

[/cat_box01]

記事を読めば、【トランポリンを買った後に後悔しない選び方】が、たった5分で分かります。

▼折りたためる&大人も使える!一押し▼

目次

子供用トランポリンを買って後悔しないために検討した4点

子供用トランポリン

子供用トランポリンを購入後、後悔したくなかったので、事前に5つの視点から購入するトランポリンを検討しました。

①騒音になるか?

まめもち
我が家は賃貸マンションのため、騒音になるかどうかは、かなり気になりました。
調べた際に多かった口コミ
  • 子供が床で飛び跳ねるより静か
  • ジョイントマットが吸収&音を軽減
  • 最近の製品は音・振動を余り感じない

これらの意見が多く、我が家も購入に踏み切りました。実際に使っても同意見です。

購入して感じたレビューは後に記載します。

②折りたたみ可否

我が家は折りたたみ可能な子供用トランポリンを購入しましたが、子供が毎日使うため畳む日はありません。

また、大人も飛べる位しっかりしたトランポリンを購入した場合、やはりある程度の強度が必要です。

まめもち
大人2人がかりで開いても、かなり力が必要でした。下に敷いていたバスタオルが破れたほどバネの力は強い!

早々簡単に開け閉め出来るものではないので、折りたたみタイプに拘らなくても良かったと感じています。

一方で、折りたたみタイプであっても、強度や耐久性に不満は無いので、問題は無いです。

③バネorゴム

まめもち
子供用トランポリンの種類は、大きく分けて【バネかゴム】この2択です。
バネ・ゴム特徴まとめ
種類 バネ ゴム
安全性 ▲劣化による突然破損可能性あり ◎足が挟まっても比較的安全
静音性 ▲金属特有の軋む音がする ◎金属音無し
耐久性 ◎金属のため長く持つ+バネのみ交換可能 ▲劣化・伸び・切れあり
弾力性 ◎よく弾む ▲弾みにくい

選ぶ基準は、何を優先に考えるかですね。

我が家では

  • ゴムは伸びると交換出来ない
  • 弾まない
  • 結果、子供がつまらない

と考えて、バネ式の子供用トランポリンを購入しました。

まめもち
バネ式でも、カバーが付いているものを選べば、デメリットが無くなる!

カバーがあれば、足がバネの間に挟まったり、バネが突然切れて飛んでくることも回避できるので安心です。

④値段

子供が気に入るかどうか、気に入ったとしてもすぐ飽きてお蔵入りしたおもちゃ、たくさんありませんか?

家にずっとあるおもちゃは、目新しくありません。

子供が本当に気に入って長く使うなら

  • 買い替えも視野に入れられる
  • 失敗しても諦めのつく価格帯
  • 具体的には予算5千円前後

で、大人も子供も使えるトランポリンを選びました。

まめもち
本格的・質が良いものは、軽く1万円を超える!予算に合わせて選ぶのがポイント

⑤大きさ・強度

まめもち
直径102cm、耐荷重110kgの子供用トランポリンを選びました
選んだ理由

パパのダイエット用にも使えれば、子供が使わなくても使い道が出来る

ある程度の大きさがあった方が、子供が成長しても長く使える

子供用キャラ物トランポリンは、直径90m前後と一回り小さく、耐荷重も70kgほどが多かったです。

長く・家族皆で使い、お蔵入りさせないためにも、子供・大人兼用がおすすめです!

まめもち
バネ式・カバー付きなら安全だし、子供も大人も楽しく運動する生活が手に入るよ!

▼カバー付きで高コスパ!▼

子供用トランポリンを実際に使って感じたメリット5選

子供用トランポリンメリット

子供用トランポリンを3年以上使って、感じているメリットをお伝えします。

まめもち
買って後悔するかと思いきや、無い生活が考えられない!

[cat_box01 title=”トランポリンのメリットまとめ”]

  1. 毎日遊べる
  2. 親子コミュニケーションツールに
  3. 寝かしつけにも
  4. 子供の運動に◎

[/cat_box01]

①毎日遊べる

まめもち
「トランポリンを買っても、遊ばなくなったら邪魔」と思って、購入に踏み切れない方も多いですよね

邪魔になるリスクヘッジとして、折りたたみタイプを購入しましたが、毎日遊んでいるので片づける暇がありません!

2歳息子の遊び方
  • 一人で小さく・大きく飛ぶ
  • 音楽・リズムと一緒に跳ねる
  • パパが手をつかみ、高く弾む
  • トミカの駐車場などごっこ遊び場

ちなみに、トランポリン以外のおもちゃを、これ以上増やしたくない場合は、【おもちゃをレンタルする】方法もあります。

トイサブ!のデメリットや解約方法は?気になる点を本音で徹底レビュー。もうこれ以上、物は増やさない!

https://maketomorrowgentle.com/toysub

②親子のコミュニケーションツールにもなる

我が家では、パパがトランポリン担当になり、息子の手を持ち高く弾ませています。

まめもち
これもバネ式ならではの遊び方!

3歳の息子は、パパの力を借りて高く飛ぶと、とても楽しいようで、満面の笑みで「見て~!」呼びかけてきます。

パパがお休みの日には必ず、「パパとトランポリンする!」と言うほど大好きです。

親と一緒に遊ぶ方が危険回避にも繋がるので、我が家ではトランポリン=親子の遊びと認識させています。

一人で飛ぶ時も、なるべく私が横に居るようにして、「凄い~!沢山飛べたね~!」など声かけすると、息子は嬉しそうにニマっとします。

まめもち
ちなみに、0歳の赤ちゃんも兄を見て、自らトランポリンに座って揺れてるよ!

小さい内からトランポリンがある生活だと、家の中でも自然と、身体を動かす習慣が身に付きますね。

③寝かしつけにも使える

寝かしつけにも使えると気づいたのは、寝かしつけに苦しんだパパ。

まめもち
我が家の次男は、赤ちゃんの頃でも10キロ弱と重め…抱っこして寝かすのは、男の人でもしんどい!

そんな時に使えたのが、トランポリン。抱っこしたままトランポリンで少し跳ねると、0歳児の寝かしつけにもバッチリでした!

※6か月未満の赤ちゃんは、【揺さぶられっこ症候群】に気を付ける必要があります。

大人は抱っこしたまま歩き回るよりも楽で、赤ちゃんも抱っこされたまま揺れを感じるので心地よく、WIN-WINです。

④子供の運動にもなる

雨の日、どこにも出かけられないと、子供はお家時間が退屈ですよね。

そんな時にトランポリンがあると、身体を動かせてストレス発散にもなります!

まめもち
トランポリン5分=1kmのランニングに相当する消費カロリーだそう!

驚くことに0歳の赤ちゃんですら、自らよじ登って降りたり、上で跳ねたりと遊べているんです。

子供の運動能力は0歳から発達し始めると、よく知育本で見かけるので、「もっと早く買えば良かったなあ」と思っています。

▼家で運動する習慣が手に入る▼

トランポリンを実際に買って感じたデメリット

子供用トランポリンデメリット

子供用トランポリンは買って後悔しておらず、むしろ無い生活が考えられません。

でも、やっぱり運動器具ならではのデメリットも少しは感じるので、些細な点もしっかり伝えます。

[cat_box01 title=””]

  1. 場所を取る
  2. 付属品は追加購入要
  3. 危険は0ではない

[/cat_box01]

まめもち
でも、デメリットを踏まえても、やっぱり買って良かったよ!

①場所を取る

子供用トランポリン圧迫感

いくら折りたたみできるトランポリンをかっても、やはり部屋の圧迫感はあります。

まめもち
我が家は0歳児もいるから、ベビーサークルも出すとさらに狭く…

でも場所を取ると言っても直径1mほど。賃貸マンションでも余裕で置けます!

「子供が成長し、いずれ使わなくなることを考えれば、一時のこと」と割り切っています。

②付属品単品購入はマスト

子供用トランポリンカバー亀裂

この写真は使って5ヶ月ですが、やはりカバーに亀裂は入ってきています。

今は3年以上使っていますが、カバーの亀裂が大きくなり、スポンジが出てきています。

もう少し傷がひどくなったら、カバーを買い替え予定です。

まめもち
ジョイントマットは不要って口コミもあるけど、私は買って良かった!

写真にもトランポリンの足型が残ってるので、かなり床に重さがかかっているのが分かります。

子供用トランポリン足型

騒音防止の観点では無くてもいいですが、床を守る観点からはあった方がいいです。

なので、カバーやジョイントマットなどの付属品は、後から追加購入出来るものがおすすめです。

③危険はある

息子たち(3歳・0歳)は、今のところ安全に、楽しく子供用トランポリンを使えています。

まめもち
でも調べたら、やっぱり危険はありそう
  • 転落
  • 骨折
  • 捻挫
  • 複数人で飛んで接触

などが、考えられます。

我が家では2歳児の安全確保のため、トランポリン=親と一緒に遊ぶものと認識させています。

まめもち
滑り落ちたり、高さが低い分、滑り台付きジャングルジムよりは、安全で場所を取らないよ!

▼カバーもマットも別売りで便利▼

後悔をしない子供用トランポリン選びのコツまとめ

「子供用トランポリンは買って後悔しないか」不安でしたが、子供用おもちゃの中でも毎日使う、心からお勧めの一品になりました!

迷っている方のお役に立てれば嬉しいです。

買って後悔しない子供用トランポリンまとめ
  • 選ぶ基準は大人兼用・バネ式
  • ジョイントマット必須
  • 折り畳み可否はあっても良い
  • 様々な遊び方ができる
  • 毎日使える
  • コミュニケーションツールにも
まめもち
トランポリンがあれば楽しく身体を動かせるので、充実したお家時間になるよ!ぜひ使って体感してみてね

▼折りたためる&大人も使える!一押し▼

トイサブ!のデメリットや解約方法は?気になる点を本音で徹底レビュー。もうこれ以上、物は増やさない!

https://maketomorrowgentle.com/toysub

【絵本のサブスク】本気の口コミ。最低月40冊以上、本を借りる母がレビュー。家に居ながら、毎月本が届く生活が手に入る

https://maketomorrowgentle.com/ehonsabusuku

ベースフードは胡散臭い?まずい?即解約できる?本音で徹底レビュー。簡単に、健康に気遣える生活が、手に入る。

https://maketomorrowgentle.com/basefood

2歳の子供が夢中で遊ぶ!買ってよかったおもちゃ15選

https://maketomorrowgentle.com/2yearsold-boytoys
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

転勤族妻×共働き=ほぼワンオペで時間が無いけど、育児も知育も、そこそこしっかりしたい人。納得するまで調べて買っても、失敗することもあるので、同じ時間が無い方へ役立つ情報のみを、厳選してお伝えしています。「もっと早く知りたかった!」育児の悩み・育児グッズ・離乳食などを、本音でレビューすることがモットーです。

目次
閉じる